経営者に欠かせない国内MBA情報

海外で1〜2年滞在をする事になって、学校により大きくことなってますが、約700〜2000万円程度必要となります。それと比較して国内フルタイムの時は、120〜400万円程度となっていることから、経済的な負担を和らげることが可能です。
現在では特定の社員に対して国内パートタイムに派遣してる企業も数多くあります。

 

MBA取得を志す人が増してきてる現在において、複数のMBAプログラムの形態から選択を出来るようになってきました。それを大きく区別をしますと、コレまで一般的だった「海外フルタイム」、国内でMBAの教育を受けれる「国内フルタイム」、そして仕事を続けつつ土日や平日の夜間に通う事になる「国内パートタイム」、また家でインターネットや通信などを使うことになる「通信教育」などが挙げられます。
これらそれぞれ「受講形態」や「履修期間」、そして「学費」「言語」など違いはあるのですが、最終的に取得することのできる学位というのはすべて「MBA」です。
このことから、自分のライフスタイルや生活環境などを考え、どのような形態によりMBAプログラムを受けるのかをキチンと考えなければいけません。
このような形態の中で最も高額な費用が必要なのは国外フルタイムです。
海外留学を選択する場合には、企業派遣で無い限り休職したり、仕事を辞めてからMBA取得のプログラムを受けなければいけません。しかし国内パートタイムを選択する事で、今の仕事を継続させながらMBAプログラムを受講出来るという大きな長所があります。
国内パートタイムというのは場合によりフルタイムより高額になる事もあるのですが、約130〜340万円程度と費用は安くなります。
また通信教育の場合におきましては、100〜300万円程度と最も安く提供されており、MBAプログラムの中でも手軽に受ける事ができます。

 

国内の場合には、全てのMBAプログラムは日本語で進められていきますが、海外においては主に英語が使用されます。世界規模でビジネス展開をするために、どうしても英語が必要となってくることから、MBAと一緒に英語をマスターしたいと考えているのでしたら、海外フルタイムの選択をオススメします。